本日は、 China_Flu から。
この新型コロナウイルスが国際的に報じられはじめた先月中旬からこの板を見ていますが、
クルーズ船の件があるまで日本に関する話題はバス運転手ぐらいで、あまり注目もされていませんでした。
クルーズ船の件に関しても、「日本なら、医療大国だし大丈夫だろ。」的な楽観が多く占めていたような印象があります。

が、今やその信頼感も崩壊してしまったもよう。では、反応をどうぞ。

スマホの方はタップしてご覧ください
Screenshot_227-vert
(2月13日22時頃に翻訳しました)


最後のコメントが刺さる...



昨日の朝日新聞の報道によると
新型肺炎、国内初の死者 神奈川県の80代女性

厚生労働省は13日、新型コロナウイルスに感染した神奈川県の80代の日本人女性が亡くなったと発表した。新型ウイルスの感染者の国内の死亡例は初めて。女性は中国への渡航歴はないという。加藤勝信厚労相は「国内で感染した可能性をふまえながら、疫学調査を実施したい」と述べた。

厚労省によると、女性は先月22日から倦怠感を感じて近所の医療機関を受診。その後状態が悪化し、今月1日に肺炎の疑いで別の医療機関に入院した。抗生剤による治療を受けたがさらに症状が悪化し、別の医療機関に転院して呼吸補助などの治療を受けたが改善せず、13日に死亡した。その後、新型コロナウイルスへの感染が確認された。

厚労省は「国内では新型コロナウイルスが流行している状況ではない。インフルエンザなどと同様の、せきエチケットや手洗いにつとめ、人混みを避けて欲しい」としている。

未だに厚生労働省は国内での流行を認めていません。
完全に手遅れだと思っているのは自分だけではないと思います。
これは明確に怠慢であると指摘しておきます。

結局、大事にして政府支出を増やす事を避けているだけなのです。
これは間違いの無いことで、事実発表された対策もわずか153億円です。

日本政府は、この新型感染症を舐め腐っているのです。
必要以上に恐怖を煽るのは良くないというのは百も承知ですが、
余りにも警戒感が無さすぎる。
未だに中国からの入国禁止措置を取っていないのがその証拠です。

早々に厳格な措置を断行しないと、時が経つにつれてますます悲惨な事になるでしょう。

緊縮政府の自業自得の報いを受けるのは、
いつだって末端の国民なのです。




以上

追記
亡くなられた方は東京で感染が確認されたタクシー運転手の義理の母だったそうです。
13日に肺炎が悪化して亡くなり、新型コロナウイルスへの感染が確認された神奈川県の80代女性が、新たに「陽性」が判明した東京都のタクシー運転手の70代男性の義理の母であることが関係者への取材でわかった。今のところこの2人に接点があったかなどについてはわかっていない。

(略)

記事によると、タクシー運転手の男性は、先月29日に発熱して病院で診察を受けているが、その2週間前の15日以降についても羽田空港には行っていないということだ。また、中国人客を乗車させておらず、プライベートでも中国人との接触はない

タクシー運転手についても、こういう事実があるという事は、
日本国内に随分前(おそらく春節よりも以前)から新型コロナウイルスが潜んでいた傍証になるでしょう。

亡くなられた方には、ご冥福をお祈りします。
以上


    ブログランキング・にほんブログ村へ